亀山社中 焼肉の部位 情報袋

亀山社中 焼肉の部位についての情報袋です。BBQと言えば焼肉。焼肉にはお肉の種類が沢山あります。亀山社中 焼肉においては、ハラミやカルビ/ロースや花咲カルビ 花咲ハラミ/ホルモンなど様々な焼肉用語があります。ここでは、焼肉用語の整理。亀山社中 焼肉のお肉そのものについての基本的な情報袋をご知らせいたします。



① ハラミ

横隔膜と呼ばれる部位となります。脂肪を多く含んでいるため、柔らかく風味の良い部位です。見た目・風味ともに豚肉に似ていることから内臓肉とも呼ばれています。横隔膜の背中側の部分を示し、牛一頭からごく少量しか得られない部位と言われています。焼肉などに使われている他、挽き肉用に加工されることもあります。亀山社中 焼肉では、花咲ハラミ/花咲牛ハラミで人気の商品です。



② モツ

もつとは、鳥獣肉の臓物(内臓)のことを示します。ホルモン、畜産副生物、内臓肉とも呼ばれています。また欧米では「バラエティミート」「ファンシーミート」と呼ばれています。中国語では「下水」と呼ばれています。亀山社中 焼肉では、ホルモン商品がございます。



③ 肩ロース

かたロースは、背骨の両側にそって前後についているロースの最も頭に近い部分とそれに接するばら肉に近い部分などの周辺の筋肉を含んでいます。

日本語の「ロース」は英語の「roast」から来たした言葉となります。よって、日本語のロースは「ローストに適した部位のお肉」のことを示しています。英語ではloinやsirloin(サーロイン)がロースに相当するとされます。サーロインと言えばステーキ肉が思い当たるのではないでしょうか。

loinとは、一般に肋骨と骨盤の間の背骨の両側の肉。腰肉を指すことになります。そしてsirloinはloinの一部分を指す言葉となますので、肩から腰までを指す日本語のロースとは必ずしも一致しません。

亀山社中 焼肉では、この日本語の「ロース」にあたるお肉が花咲肩ロースとなります。この焼肉食材は、亀山社中 焼肉セットの中でも特に人気商品です。亀山社中 焼肉では、花咲肩ロース1パックが300gの大降りお肉となっています。亀山社中 焼肉の独自のカットである『花咲きカット』を施した亀山社中 焼肉の花咲肩ロース。脂身を少々控えたい方におすすめの商品です。

また、肩ロースは、大部分が筋肉ですから、脂身が比較的少ない部位を好む方におすすめの商品です。




④ カルビ

カルビは、朝鮮語で肋骨やあばらを意味します。日本では韓国料理≒焼肉のイメージする方もいらっしゃると思います。韓国料理においては、肋骨やあばらの周辺に付いているお肉のことを示ます。よって、日本では「ばら肉」のことを示すことになります。カルビ肉は多くの場合、牛のカルビ焼肉食材を指します。肋骨やあばらの部位についたお肉になりますので、筋肉とともに脂身も程よく含まれた焼肉では定番の部位となります。亀山社中 焼肉では、花咲きカルビや焼肉用に食べやすい大きさにカットした亀山社中 焼肉カルビ900gなどが人気です。



⑤ ホルモン

内臓肉(もつ)を焼く料理とされています。その部位の詳細は、小腸、大腸示します。また広い意味では正肉部位以外となり、以前では廃棄していた部位をも含む臓物肉の全般が含まれています。胃、肝臓、心臓、腎臓、子宮、肺などを用いた部位の食材となります。放(ほお)るもん、という言葉を耳にしたこともあるかと思いますが、そこから来たという説もあります。かつては焼肉専門店や屋台などで供される料理であったが、近年では味付けされたパック製品など一般家庭においても食される事が増えた食材となります。亀山社中 焼肉では、ホルモン単品商品や牛コロホルモンでお馴染みのシロコロホルモンなどが人気の商品です。




税込8000円以上のお買い上げで送料無料

お探しの商品検索 こちら

税込8000円以上のお買い上げで送料無料